介護職を目指す際に働きやすい職場

介護職を目指している人にとって職場選びが難しく感じられることも少なくない。その際に選ぶと無難なのが老人保健施設である。

一般的に老人保健施設で介護職者が行う仕事内容は介護の仕事の基本であり、生活介助を担う専門家として活躍することになる。食事、入浴、トイレの介助が重要な仕事であり、それに加えてレクリエーションの計画と実施が主な業務である。その内容を家族に報告する仕事も任される場合もしばしばあるものの、基本的な介助の仕事に加えて必要な仕事内容にそれほど逸脱したものはない。

リハビリを必要とする利用者が多いことからリハビリの補助を行う場合も多いが、老人保健施設では専門家を広く取り揃えていることが多いため、中心的な役割を担うようにはならないだろう。補助をしながら学べる現場として活用できるのが実情である。

医師や看護師が常駐しているのが通常であり、もし利用者の体調が思わしくないと判断できたときにはすぐに医師や看護師による判断をしてもらうことができる。作業療法士や理学療法士などもいるのが一般的であり、基本的には生活介助の仕事以外については現場にいる専門家に任せられるという安心感が得られるのが特徴である。

介護の専門家としての能力を身に付けるのを目的として働くには最も働きやすい職場の一つであり、高いスキルも必要とされない。それ故にこれから介護業界で働き始めようという人が選ぶ職場として適していると言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です